デジタルモデリング

お客様のイメージを素早く可視化

お客様からいただいたお問い合わせを例に、アークがご提供するデジタルモデリングについてご紹介いたします。

Q:家電の意匠データを作成したいが、複数案件を抱えており、
 モデリングに割く時間がない

スケッチは用意するが、デザインの意図をくみ取ってモデリングしてほしい、というご要望は、複数の案件を抱えているお客様から多く寄せられます。アークのデジタルモデラーはお客様のイメージを正確に掴むことを常に意識しており、お客様へのヒアリングとアークからの提案を織り交ぜながら、確かな技術力で3D表現して参ります。

Q:設計要件を盛り込んだ量産開発に於ける意匠データの作成をお願いしたい

お客様内でのリソースが不足し、ただ意匠データを作るのではなく量産に必要な設計要件を理解しながらデータ作成の出来るデジタルモデラーのご要望は、量産メーカー様中心に多くございます。アークでは先のデザイン意図と同様、設計要件を理解し盛り込みながら高精度な意匠データの作成が可能です。お客様設計者との直接のやりとりや、時にはお客様内へ常駐させて頂いての綿密な対応を行ないます。

Q:金型に彫り込むテクスチャを測定したデータからサーフェスデータにしてほしい

スキャンしたデータをサーフェスデータにするツールがない、ツールを扱える技術者が不足している、というご相談をいただくこともございます。アークでは測定したデータをもとに様々な種類の3DCADを使用して製品金型向けのサーフェスデータを作成します。

Q:試作を作らずに3Dデータで製品形状を確認したい

デザインを確認するにあたり、データのみで比較・検討・確認を要望されるケースは増えて参りました。アークではデザイン意図と製品の概要を頂ければ、短期間でデザインデータを作成し、CGも絡めた製品形状の確認が可能です。

実績紹介

次世代エネルギーとして注目される水素燃料電池をARRKがサポート。
帝人株式会社様が開発した、燃料電池ユニットと圧力容器ユニットの、コンセプトモデルを担当させていただきました。
3Dモデリングと注型:在宅介護における「4つの負担」の解決を実現
株式会社FUJI様の移乗サポートロボットの外装デザインと試作を担当。樹脂カバーは注型で試作しました。
これまでにないカタチ:インテリア性を備えた ロボット空気清浄機「空美」
株式会社日立製作所 研究開発グループ様ご考案の空気清浄機。アークでは外装デザイン、設計、試作を手掛けました。
デザイン、設計、試作でお客様をサポート。大胆な色とデザインが採用に。
帝人エンジニアリング株式会社様が開発した水素ボンベケースと、クレードルのコンセプトモデルを担当させていただきました。
外装デザイン:ユーザビリティを追求し、製造方法や取り付け方も考慮した、電動3爪ロボットハンド
シナノケンシ株式会社様のコーポレートブランドASPINA。“ いろんなものに、ちょうどいい。 ”を実現したARH350A。アークでは外装デザインを担当。人との協働 + 先進性を考慮し、ロボットとして精密感やスピード感での頼もしさを持ち、人との協業では親しみやすさを狙い、持った感触も意識したカタチを目指しました。は、ハンド+モータ+コントローラーが一体となっており、ステッピングモータを用いたサーボシステムによる把持力・動作速度・位置制御が可能です。
上品なデザインと、充実の機能を持たせた設計。試作で実現した重厚感のある質感があらゆる空間にマッチします。
株式会社日立製作所 研究開発グループ様の空気清浄機にUV機能を搭載。見落としがちな机や椅子の裏側もUVを照射しながら除菌します。小回りの利く小型サイズで狭い場所も無理なく走行。
リニューアルデザインから設計・試作・量産化までトータルサポート:パワーアシストスーツ「J-PAS LUMBUS」
ジェイテクト様が電動パワーステアリングで培った制御技術を活かし、人の動きと調和可能な機構を加えて、様々な作業への適応が可能になりました。軽量化やユニークな機構が生み出す課題にお客様とアイデアを共有しながら試行錯誤を繰り返し、実現に至りました。
量産を見据えたスマートロボティクスの外装カバーデザイン:多関節ロボット「SmartWing」のショー向けモデルをデザイン・制作。
株式会社FUJI様は垂直多関節ロボットの開発にあたり、スマートなフォルムで他社とは一線を画したデザインをご希望。アークは有機的なカーブでエッジを効かせたラインを特徴とし、フルカバーせず構造体もデザインの一部にと提案しました。
トレーニングロボットのデザイン・設計・試作のお手伝い:歩行能力の改善と健康寿命を延ばすことを目的とした自立推進トレーニングロボット「J-Walker テクテック」
自動車部品の大手メーカーである株式会社ジェイテクト様だからこそできる、安全性や強度が重要な介護製品。現物、現実に基づいた設計をお客様から学ばせて頂き、材料の評価試験からスタート評価・解析を重ねました。
お問い合わせ